足し算もできない

更新日:

算数の初歩は、足し算だ。

 

足し算なんて簡単な計算だと思うが、実はそんなに甘くない。

 

まず小学4年生から、小数の足し算が入ってくる。

 

さらに5年生では、分数の足し算も入ってくる。

 

分数の足し算では、分母の異なる分数を通分して足すわけだが、これも5年生の最後の方に出てくる。

 

中学に入れば、負の数(マイナス)の足し算や文字式の足し算が加わる。

 

さらに3年生になると、ルート(無理数)の足し算も出てくる。

 

こういう風に、新しい足し算が加わってくるごとに、できる子供とできない子供に分かれてしまう

 

出来ない子供は劣等感を抱いて、やる気を無くしてしまうし、困ってしまう。

 

特に中3のルートの計算は、女の子にはウケが悪いね。

 

で、足し算の最初の関門は「繰り上がり算」だ。

 

特に筆算の繰り上がり計算は、注意が必要だ。

 

というのも繰り上がった数を、どこに書くかが、あとで災いの元となったりする。


繰り上がりの数を、どこに書くと良い?

繰り上がり計算の罠の例
たとえば上のような筆算の例は、特に問題が無いように見える。

 

ところがこれが実は、後々問題になることもある。

 

実は掛け算の筆算でも、繰り上がりの数を同じ位置に書いて、計算間違えする子供が居るのだ。
繰り上がり計算の罠の例2
この子供は、最初の計算の繰り上がり数の「1」を、足し算の筆算と同じ位置に書いてしまう。

 

そしてまず「1」と「7」を足して「8」にして、それと2を掛けて「16」にして、計算間違えを起こしている。

 

改善策

繰り上がりの数は、横棒の下に書くように指導する。

 

「足し算の時は上に書く、でも掛け算の時は、上に書いたらダメ」という指導は、一貫性がない。

 

そんなケースバイケースの教え方は、出来ない子供には通用しない。
繰り上がり計算の罠の例3
足し算の時も、掛け算の時も、繰り上がりの数は、横棒の下に書くように指導すれば、一貫性が出る。

 

横棒の上は足し算だったり掛け算だったりするが、横棒の下は足し算と言う風に統一する

 

これによって、上のような計算間違えは減るが、練習あるのみ。
繰り上がり計算の罠の例4
6*2=12の繰り上がり数「1」を書いて、7*2=14に1を暗算で足して15にする。

 

この場合、14+1というところを暗算で計算しているので、そこで間違うこともある。

 

筆算は計算方法に過ぎないので、計算ミスを減らす工夫は、子供が自分で見つける方が良い。

 

ただ、上のような間違えやすいやり方をしている場合は、変えるように勧めた方が良い。

 


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット

家庭学習の決定版!インターネット学習塾「ショウイン」