このページの目次

年齢算

更新日:

年齢算は、年齢に関する問題だ。

 

倍数算タイプの問題が多い。

 

最初に今の年齢が与えられる問題もあるし、年齢差だけが与えられる問題もある。

 

年齢算 例題1

A君とお父さんの年齢は、24歳の差があります。

 

今、A君のお父さんの年齢は、ちょうどA君の倍です。

 

【問1】
A君は今、何歳ですか。

 

【問2】
お父さんの年齢が、ちょうどA君の2倍になるのは、何年後ですか。


 

年齢算 考え方

A君とお父さんの年齢差は24歳で、A君のお父さんの年齢は、今のA君の3倍ですから、これをまず線分図に書き入れます。

 

年齢算 線分図

年齢算 線分図

 

この図を見ると、年齢差の24歳は○2個分に当たることが分かります。

 

ということは、○1個分は、24÷2=12歳で、これがA君の年齢の年齢になります。

 

【問1の答え】 12歳。

 

年齢が2倍になるには

□年後に、年齢が2倍になることを考えます。

 

A君もお父さんも、生きている間は毎年1歳ずつ歳をとりますから、年齢差24歳は縮まりません。

 

そこで年齢差24歳差を左にとって描いた線分図を、さらに右に伸ばして△2と△1を書き入れます。

 

そうすると、△1コが年齢差24に等しくなることが分かります。

 

これによって、お父さんの年齢がA君の2倍になるのは、A君が24歳、お父さんが48歳になったときだとわかります。

 

現在、A君は12歳なので、24-12=12年後、ですね。

 

【問2の答え】 24年後。


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット

家庭学習の決定版!インターネット学習塾「ショウイン」